日本に数少ない戦国時代の城が見られる場所とは?

戦国時代の趣が感じられる城内

郡上八幡城は日本で数多く存在する城の中でも山城に属する城です。特徴として山の上にあるので駐車場が少ないです。このため観光客があまり来ない平日に訪れるのが良いでしょう。山道から城までは距離があるので、街から歩いて行くと1日はないと余裕を持って下山できないほどです。距離もさることながら傾斜角がかなりあるので、途中まで軽自動車で行きましょう。そこからしばらく歩きます。名古屋城や大阪城ほど整備されていないので、雨が降った翌日は滑りやすく注意が必要です。取っ手がついていない箇所もあるので慎重に進みましょう。苦労して郡上八万城へ訪れるとそれが一瞬にして吹き飛ぶほどの歴史的建造物であることが分かります。中に入ってみると鉄筋コンクリートなどで綺麗に整備されている場所が多く非常に残念な気持ちになりますが、この城はその当時の雰囲気を感じられるつくりとして残っているので、城好きにとってはロマンを感じられます。

他の城では得られない絶景

郡上八万城は他の城と比べると幾分小さい印象を受けますが、実際に急な階段を上ってみると3〜4階はあるほどの高さがあります。頂上に上がると必要最低限の防御柵しかないので、郡上市の町並みを一望できます。他の城と比べるとそこまで有名になっていないので、ゆったりと城内を見て回れる点はお勧めです。これから海外の観光客が増える可能性が大いにあるほどの趣が感じられるのでなるべく早めに抑えておきましょう。入場料は高すぎず良心的な値段です。

ヤートラルートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です