愉しい旅行で急に病気になったら、どうする?

海外へ行くなら保険は必須!

海外へ旅行へ行く時、まさか自分が病気になるかもとは考えません。でも、病気はいつどこでなるか分からないものです。つい友達と旅行へ行って気の緩みもあり、思わぬ場所で事故に遭う可能性もないとはいえないでしょう。近年では海外で医療を受けると、日本では耳を疑うような金額の治療費を請求されて驚いたというニュースが流れます。もしも貴方が盲腸になった場合、アメリカで治療を受けた時の治療費は入院が平均2日で250万円、アジア圏でも40万円から50万円が必要となります。このような場合、日本の国民健康保険でも海外療養費制度や高額療養費制度によって給付を受けることが出来ます。ですが、日本の保険の点数制度から払い戻し費用を計算するので、自己負担額が非常に高くなることが難点です。

保険に加入していれば、こんなときも安心

海外旅行で思わぬ病気や怪我をしてしまった時にまず考えるのが言葉も通じないし、どうすれば自分の状態を伝えて病院で診てもらえば良いのかということでしょう。救急車を呼んでもらうにも、ホテルのフロントでは対応してくれない場合もあります。ドクターにどこが痛いのか伝えるにも、言葉が理解出来なければ困ってしまいます。そんな時に心強い味方となってくれるのが海外旅行保険です。1日24時間、365日いつでも日本語で相談出来る上、治療費の立替までも行なってくれます。この保険は怪我や病気のときだけでなく、もし万が一他人に怪我をさせてしまった時や、誤って物を壊してしまった場合の損害賠償も補償対象となっています。

ヤートラルートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です