佐賀県観光といえばココ!佐賀県の観光スポット3選

佐賀県ってどんなところ?

佐賀県は九州地方の北西部にある県で、面積は約2440平方キロメートル、人口は約20万人です。古くから陶磁器の産地として有名な地域です。主要駅は佐賀駅で、JR長崎本線を利用することができます。

日本三大朝市の一つ!呼子朝市

呼子朝市は、以下の名産地として有名な呼子で開催される朝市です。全長200メートルの朝市通りが、歩行者天国となり色とりどりのパラソルを広げて開催されます。およそ60の露店が出店され、新鮮な魚介類や地元野菜、名物のイカなどが販売されています。この地域で、ぜひ味わってもらいたいグルメは、イカの活造りです。透き通ったイカが新鮮さを感じさせてくれます。

弁天さまから仰ぐ「呼子大橋」

呼子大橋は九州本土と加部島を結ぶ道路橋。全長787.8メートルで日本では最大級の橋です。遊歩道から見上げる呼子大橋は雄大さを感じさせてくれます。加部島は面積2.68平方キロメートル の小さな島。この島の一押し観光スポットは、風の見える丘公園です。加部島はもちろんのこと鳴子大橋や呼子大橋や呼子港の景色が一望できる展望台があります。

神秘的な観光スポット!七ツ釜

七ツ釜は、東松浦半島の断崖絶壁にある洞窟です。7つの穴がかまどを並べたように見えることから名付けられました。国の天然記念物に指定されていて、日本初の海中公園にも指定されているほど、見応えのある海食洞窟です。洞窟の間口と高さは5メートル、奥行きは110メートルの洞窟が最も大きいと言われていて、遊覧船にて洞窟の中に入ることができます。また、七ツ釜全体を観光するためにも遊覧船にて海上から鑑賞するのもオススメです。

ヤートラルートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です